BLOG

2018年9月3日 (月) 03:25:20 | 院長コラム

2018年9月号「夏の疲れの原因は?」

9月に入り台風が次々やってきます。困りますね。

いかがお過ごしでしょうか。

今年は暑い夏が長く続き、30℃くらいだと涼しいと錯覚してしまったりします(笑)。

しかし夏の次は秋、冬と必ずやってきます。

この時期必ずあるのが体調を崩すことです。

暑い時期に運動をあまりせずに湯船に入らずシャワーばかりの生活をしていた人は、知らず知らず毛細血管があまり開かず血流量が減り、基礎体温が下がります。それによって身体の中の最適といわれる38℃から遠ざかってしまいます。

そうすることで体調不良がいろいろ出てきます。

肩こり、腰痛、頭痛、疲労性の痛み。果てはメニエルなどの膠原病や癌などの原因にもなったりします。

残暑厳しいですが、今から入浴生活に戻して参りましょう!